2013年10月15日

iPhoneの画面をテレビに映してプレーする「DDR Pocket Edition」配信開始

10月7日に、iPhone / iPod touch用アプリ「Dance Dance Revolution Pocket Edition」の配信が始まりました。アメリカのコナミからリリースされており、対応言語は英語だけですが、日本を含む各国のApp Storeでダウンロードできます。

このアプリは従来のスマホ版DDRとは全く異なり、セットトップボックス「Apple TV」を使ってiPhoneの画面をテレビに映してプレーすることが前提となっています。iPhone本体はポケットに入れておき、テレビを見ながらステップを踏むと、iPhoneのモーションセンサーによって動きが判定されるというシステムです。スクリーンショットやプレー動画を見る限りでは、アメリカの学校で導入されている「DDR Classroom Edition」のシステムをベースにしているようで、譜面はアーケード版や家庭用のDDRとは全く違うものとなっています。

海外の情報サイト「Zenius -I- vanisher.com」によると、既に313曲もの楽曲が配信されている(無料楽曲3曲を含む)とのこと。Classroom Edition同様、北米向け家庭用DDRの収録曲が中心となっているようですが、「B4U」「PARANOiA」などの定番曲を収録した「CLASSIC PACK」、「L.A. EVOLVED」「The legend of MAX」などボス曲勢ぞろいの「HYPERSTEP」パックなど趣向をこらした楽曲パックが配信されています。

…とここまで読むと素晴らしいゲームのように思えますが、実際のところ
・実質上、Apple TVがないと遊べない。
・iPhoneのモーションセンサーによる判定なので精度が期待できない。
・楽曲の音質が著しく悪い(サンプリング周波数22kHz、ビットレート60kbpsのMP3形式)
・時折、絶望的な糞譜面が流れてくる(ランダム再生されているらしい)
ということで、「Zenius -I- vanisher.com」の掲示板では「こんなんだったら(先日サービスを停止した)DDR Dance Warsの方がましだったよ…」という失望の声が上がっています。せめて譜面が原曲どおりだったら良かったのですが…。Apple TVをお持ちの方は少ないとは思いますが、とりあえずiPhoneユーザの方はソフト本体だけダウンロードして試しに起動してみてはいかがでしょうか?

◇App Store
iTunes App Storeで見つかる iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPad Wi-Fi(第3世代)、iPad Wi-Fi + Cellular(第3世代)、iPad Wi-Fi (第 4 世代)、iPad Wi-Fi + Cellular (第 4 世代)、iPad mini Wi-Fi、iPad mini Wi-Fi + Cellular、およびiPod touch (第5世代) 対応のDanceDanceRevolution Pocket Edition

◇情報元
DanceDanceRevolution Pocket Edition (iOS) - DanceDanceRevolution - KONAMI Music Games - Zenius -I- vanisher.com -5th style- II

DDR PE Song List (Zenius -I- vanisher.com)

今日のコネタ │ まとめろぐ/,,・ω・,,ヽ

◇プレイ動画

DanceDanceRevolution Pocket Edition 플레이 영상 - YouTube

posted by Charlie at 05:07| DDR | 更新情報をチェックする