2006年11月12日

ニンテンドーDSで絶対音感トレーニング

来年1月にニンテンドーDS用ソフト「てのひら楽習シリーズ 絶対音感トレーニング」が発売されます。開発・発売元は「SuperLite1500/2000」シリーズでおなじみのサクセス株式会社。コナミスタイルでも販売されています。和音や単音を聞いて何の和音・音階かを当てる「おとのレッスン」モードと、リズムを聞いてそれをまねして演奏する「リズムであそぶ」モードで、楽しみながら音感を身につけようというソフトです。

一応子供向けソフトではあるんですが、大人が遊んでも面白いんじゃないでしょうか。既に楽器をやってる人にはちょっと物足りない内容かもしれませんが、音ゲーがきっかけで楽器や作曲に興味を持ち始めて、自分でも何か音楽をやってみようかな?と思ってる人や、耳コピがとにかく苦手でどうしようもないという人には結構ためになるんじゃないかと思います。

てのひら楽習 絶対音感(公式サイト)
「てのひら楽習シリーズ 絶対音感トレーニング (DS)」商品情報 - コナミスタイル
posted by Charlie at 13:23| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

「潤」ライブ演奏曲投票受付中

福岡で活動する音ゲーコピーバンド「潤-ルン-」の次回ライブ「B.C-A.D ~steps of "run"~」が12月10日に行われることが発表されました。それに先立って、今までに潤がライブで演奏してきた曲を対象に「もう一度やって欲しい曲アンケート」が行われており、上位にランクインした曲をライブで演奏するとのこと。投票締め切りは11月10日です。

なお、潤の公式サイト「うるるん音楽堂」では隔週土曜日にネットラジオを放送しています。今日10月14日は18:30から生放送の予定なので、時間の都合の合う方はぜひチェックを。

うるるん音楽堂
posted by Charlie at 01:40| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

音ゲーバンドフェスティバル全セットリスト公開

10月1日に行われたコピーバンドによるライブ「音ゲーバンドフェスティバル2006!」で演奏された曲目がすべて発表されました。今回の出演バンドは全部で4組。さらに「EXステージ」として全バンドのメンバーをシャッフルしたスペシャルセッションも行われました。演奏されたのは「Funky sonic World」「しっぽのロック」などライブにぴったりの楽曲から「Timepiece phase II」「over there」など生バンドではめったに聞けない難曲まで、ギタドラ・ポップン・beatmaniaから合計50曲以上。当日はのべ147名のお客さんが来場し、開演から終演まで大いに盛り上がりました。

僕Charlie自身も出演者の一人として御礼申し上げます。たくさんのお客さんと素晴らしい共演者のおかげで楽しいライブをやらせていただくことができました。

音ゲーバンドフェスティバル2006!
音ゲーフェス2006!ブログ(セットリストはこちら)
posted by Charlie at 00:12| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

BOF2006本戦開始

チーム制BMSイベント「BOF III - THE BMS OF FIGHTERS 2006 -」の楽曲が公開され、インプレッション受付が始まりました。公開されているBMSは計120曲。9月16日まで各曲のインプレを受けつけており、チーム単位のアベレージおよびトータルポイントを競います。

またまた手前味噌で恐縮ですが今回、チーム「BEAT RASH MUSIC」で B2 (EBB/Charlie) が「Busy Breaks」リミックスで参加してます。インプレよろしくねー。

BMS OF FIGHTERS 2006
BMS OF FIGHTERS 2006

関連記事:
BOF2006前哨戦スタート(2006年7月23日)
Busy Breaksができるまで(BEMANI CLUB)
Busy Breaksができるまで ~Charlie's Side~(2006年5月3日)
posted by Charlie at 07:44| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

「魔法のタルト」コピーバンドライブ映像公開中

音ゲー曲コピー中心に活動中のバンド、Magic Fruitsによる「魔法のタルト」のライブ映像がYouTubeで公開されています。4月に行われたライブ「音魂06~Spring~」の映像です。この映像ではよく見えませんが、ボーカル2人の衣装は「Marmalade Reverie」のタルト&タフィ風になっています。間奏のソロはウィンドシンセですよ。

Magic Fruitsは9月2日に新宿で行われるライブ「GIGs -The Revenge of Game Music-」に出演予定。「GIGs」のホームページでは他にも出演バンドの音源がいろいろ公開されています。H.G.K.の「Burning Heat!」(グラディウスII)や、スペランカーの「上手な人が100周した後で、101周目から初心者に交代した場合」など(笑)

YouTube - GuitarFreaksV2 & DrumManiaV2 魔法のタルト Magical Tarte(動画。音量注意)
GIGs - The Revenge of Game Music-GIGs - The Revenge of Game Music-
関連記事:ゲームミュージックライブ「GIGs」に先立ち、無料ライブ明日開催(2006年07月16日)
posted by Charlie at 10:45| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

“潤”ライブ9月3日開催

福岡でギタドラのコピーを中心に活動しているバンド『潤-ルン-』のライブが9月3日に開催されます。会場は前回よりもスケールアップし、福岡のライブハウスVoodoo Lounge。チケットの取り扱いやライブ会場、注意事項など詳しい内容はホームページにて。

ライブ情報ページ
うるるん音楽堂
posted by Charlie at 02:07| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

音ゲーバンドフェスティバル出演者ブログ開始

音楽ゲームコピーバンドによるライブ「音ゲーバンドフェスティバル2006!」の出演者によるブログが始まりました。今回出演する4バンドのメンバーが交代で、ライブ当日の10月1日に向けて更新していきます。

音ゲーバンドフェスティバル2006!
posted by Charlie at 06:43| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

SFB!音ゲーアレンジCD参加者募集中

音ゲーアレンジサークル Searching For a Beat! で、新作CDの参加者募集が行われています。コナミの音ゲー各種を対象としており、CDは10月に行われる即売会「M3」で発売される予定とのこと。締め切りは9月10日。

SFB!は去年の春M3から半年ごとにbeatmaniaの楽曲を中心とした音ゲーアレンジCDを出してきています。今回が4作目になりますね。

Searching For a Beat! [s-f-b.jp]
情報元:BEMANI CLUB
posted by Charlie at 06:30| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

SigSigの歌詞募集企画進行中

音ゲー中心のニュースサイト、BEMANI CLUBにて、beatmaniaIIDXでおなじみの楽曲「SigSig」の歌詞募集が行われています。某企画で作成されるSigSigリミックスのために、メインメロディーの部分に歌詞をつけてしまおうということらしいです。しかも「テーマは萌え」とのこと。作詞なんてしたことないよーって人も、おなじみの「テッテレテッテ テッテッテー」の部分だけなら歌詞が作れるかも? レッツチャレンジ。

2006年7月11日の記事(BEMANI CLUB)
posted by Charlie at 18:28| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ゲームミュージックライブ「GIGs」に先立ち、無料ライブ明日開催

明日7月17日、秋葉原LaOX MUSIC VOX の1階イベントスペースにて、「Pre-GIGs ~Prelude to GIGs」と題したライブが行われ、下記の3組が出演します。入場無料。

・Magic Fruits(BEMANIシリーズ中心)
正面衝突(車系ゲーム中心)
H.G.K.(S.S.T.BANDの楽曲をはじめとする往年のゲーム音楽中心)

今回のライブは「Prelude」というサブタイトルのとおり、9月2日に新宿で行われる「GIGs -The Revenge of Game Music-」のいわば序章ともいえるもの。「GIGs」では上記のバンドに

スペランカー(ファミコンミュージック中心)
ハヤブサ斬りキャンセル(FF、ロマサガetc. スクウェア系)

が加わり合計5組のバンドが出演します。

詳しい情報は Project GIGs のホームページでどうぞ。
GIGs -The Revenge of Game Music-
posted by Charlie at 08:02| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

音ゲーバンドフェスティバルは10月1日に決定

音楽ゲームコピーバンドによるライブ「音ゲーバンドフェスティバル2006!」の開催日・会場・出演バンドが発表されました。開催日は当初予定の8月から10月1日に変更。場所は秋葉原のライブハウスCLUB GOODMANに決定しました。出演バンドは合計4組で、歌もの・インスト各2組という構成になっています。

音ゲーバンドフェスティバル2006!
posted by Charlie at 06:06| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

Busy Breaksができるまで ~Charlie's Side~

かなり私的なアレで恐縮ですが、先日のニュースでちょっと触れたEBBさんとのユニット「B2」による楽曲「Busy Breaks」制作裏話が BEMANI CLUB で掲載されています。使われてるシンセの音とか制作途中のプロトタイプ版とか聴けます。

Busy Breaksができるまで(BEMANI CLUB)
Busy Breaks 完成版(Broadjam)

そこで僕の方も、メロディ制作の裏話をちょこっと公開。

続きを読む
posted by Charlie at 13:58| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

音ゲーバンドフェスティバル通常曲・EXTRA曲投票受付中

8月に開催予定の音楽ゲームコピーバンドによるライブ「音ゲーバンドフェスティバル2006!」公式サイトで、「ライブで演奏してほしい曲」と「EXTRAステージ演奏曲」の投票が行われています。

「ライブで演奏してほしい曲」は、事前アンケートの結果からリストアップされた54曲が投票の対象。現時点のトップ3には "Dragon Blade" "Little Prayer" "Funky sonic World" と、ギタドラの人気曲がランクインしています。

「EXTRAステージ演奏曲」は、すべてのバンドの演奏が終わった後に行われるEXTRAステージで、ギタドラシリーズのエクストラ・アンコール曲を演奏するという企画。懐かしい "CLASSIC PARTY 2" から最新の "over there" まで、歴代エクストラ・アンコール曲から25曲がノミネートされています。

まだ各バンドとも選曲の段階でしょうから、聴きたい曲は早めに投票しておくと願いがかなうかも? 当事者である僕から言うのも微妙ではありますが(笑)

音ゲーバンドフェスティバル2006!
posted by Charlie at 00:00| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ゲーム界の大御所がFM音源の魅力を語る

4月8日に発売されたDTMマガジン5月号で、「『FM音源マニアックス』発売記念座談会」と題してゲームミュージック界を代表するクリエイターのインタビューが掲載されています。これは、ほぼFM音源のみで作られたコンピレーションCD「FM音源マニアックス」の発売にちなんで同CDに参加しているミュージシャンたちがCD制作の裏話やFM音源の魅力について語っているもの。下村陽子さん、細江慎治さん、古川もとあきさん、伊藤賢治さん、古代祐三さんなどBEMANIファンにもおなじみの方々も参加しています。

FM音源とは1980年代に一世を風靡したシンセサイザーの音源方式。音楽の分野ではヤマハDX7をはじめとするシンセサイザーに搭載され、特徴的なエレピの音など、従来のアナログシンセでは出せなかったきらびやかな音色によって多くのミュージシャンに愛用されました。また、かつてはパソコンやゲーム機の音源に採用され、現在では携帯電話の着信メロディ音源としても広く使われています。

僕自身も学生時代、まだシンセを持っていなかった頃、先輩からヤマハのV50というFM音源シンセを借りてバンドや作曲に使っていた時期がありました。その後はPCM音源のシンセをいろいろ使ってきましたが、純粋に「音を作る」という作業が一番面白いと感じたのはやっぱりV50かなあ。単に懐古主義ってわけじゃなく、たまに無性にFM音源を触りたくなるときがあるんですよね。

DTMn - DTM magazine web site
FM音源マニアックス(CD収録曲試聴、参加クリエイターのコメントなど)
DX7(FM音源の代表的シンセ、DX7の情報とサンプル音源)
posted by Charlie at 00:00| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

こちらも大盛況、「潤」ライブ

4月2日、福岡で「潤-ルン-」のワンマンライブが行われました。演奏された曲はギタドラの楽曲を中心に、一部ポップンの曲を交えた構成。1曲目の「ラブラブギウギ」からプレミアムアンコールの「MAGIC MUSIC MAGIC」まで、男性ボーカル・女性ボーカル・インストを交え2時間半、約30曲に渡るステージを繰り広げたとのこと。現在ホームページの"History"コーナーで曲目が発表されています。

「潤」は男女ツインボーカルを含む6人編成のバンド。偶然にも東京で行われた「音魂06」と同じ日に開催されたことになるので、まさに同じ時間に東京と福岡で音ゲーのコピーバンドがライブをやっていたということになるんですね。「音魂06」が比較的ロック的な楽曲が多かったのに対して、「潤」の演奏曲は割とポップ寄りかも? 今後も頻繁にライブを計画しているようなので、福岡近辺の音ゲーファンの方は楽しみですね。

リンク:うるるん音楽堂
posted by Charlie at 00:00| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

「音魂06~Spring~」大盛況でした

4月2日、ライブハウスLIVEGATE TOKYOにて音ゲーコピーバンドによるライブ「音魂06~Spring~」が開催されました。女性ボーカル5バンド、インスト1バンドの計6組が出演、ギタドラを中心にポップン、beatmaniaIIDXまで多彩な楽曲を披露。あいにくの雨模様にもかかわらず、開演から終演まで100人を軽く超える(と思われる)たくさんのお客さんで盛り上がりました。出演者の皆さんおつかれさまでした、そして楽しい時間をありがとうございました!

音魂06音魂06 OFFICIAL HOMEPAGE

出演バンドと演奏された曲の一部を以下にご紹介。曲順は順不同です。
続きを読む
posted by Charlie at 00:00| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

音ゲーバンドフェスティバル公式サイトオープン

今年の8月に東京都内で行われる音ゲーコピーバンドのライブ「音ゲーバンドフェスティバル2006!」の公式サイトが開設されました。現在、出演バンドのうち3組が発表されています。また「企画室」のコーナーでは、チケット予約特典としてプレゼントされるオリジナルピックのデザインが公開されている他、「"演奏して欲しい曲"投票企画」が行われることが予告されています。

去年行われた「音ゲーバンドフェスティバル2005!」は全5バンドが出演、100人以上のお客さんで大変盛り上がりました。今年も楽しいライブになるんじゃないでしょうか。曲のリクエスト企画も気になりますね。

音ゲーバンドフェスティバル2006!
音ゲーバンドフェスティバル2005!(去年のライブの公式サイト)
posted by Charlie at 00:00| バンド・音楽制作 | 更新情報をチェックする