[from US]DDR SONG CONTEST採用楽曲は「コナミコマンド入り」

米国コナミ主催による「Dance Dance Revolution SONG CONTEST 2008」の採用作品が発表されました。

・Till the Lonely's Gone / Noel Cohen
・30 Lives (Up-Up-Down-Dance Mix) / The Motion Sick

採用作品は今年発売されるDDRのタイトルに収録される予定。2曲とも、コンテストを共催する音楽配信サービスBroadjamのウェブサイトで聞くことができます。

今日注目したいのは後者の「30 Lives」。曲紹介コメントによれば
「コナミコマンドを使ってあと30回の人生をパートナーと過ごす。」
という内容の歌だそうで、歌詞の中にも

Up Up Down Down
Left Right Left Right
B A Select Start


と、コナミのゲームでおなじみのコマンドが出てきます。実は、ファミコン版「魂斗羅」には「上上下下左右左右BA」のコナミコマンドを入力すると残機が30人になるという裏技があり、それをモチーフに作られているのがこの「30 Lives」というわけです。

The Motion Sick はインディーズで活動しているロックバンドで、最新アルバム「The truth will catch you, just wait...」には「30 Lives」が原曲・リミックスとも収録されています(DDR CONTEST入賞作品はリミックスの方)。PVもYouTubeにアップロードされています。アメリカのハイスクールを舞台にした面白いクリップで、コナミコマンドに合わせた振り付けも登場します。

コンテスト告知ページ(右上の「WINNER」をクリック)
The Motion Sick 公式サイト(音源・歌詞も掲載)
YouTube - The Motion Sick - "30 Lives (Up-Up-Down-Dance Mix)"(音が出ます)
参考情報元→GAME KOMMANDER(魂斗羅他のゲーム情報サイト)

関連記事:DDR SONG CONTEST今年も開催(2008年01月07日)